キャッシングローンの種類

キャッシングの種類は、提供する消費者金融によって大きく二つの種類に分類することが出来ます。一つは、一般的なキャッシングでそのまま現金を融資するタイプのものです。少額融資で提供するものであるため、口座の番号を教えてそのままその口座にお金を振り込んで貰う形で利用することになるのが特徴です。
もう一つが、カードローンとして利用する形のサービスです。カードローンで利用する時には、名称としてはカードローンという名称を使っていますが、大手の銀行が提供しているような住宅ローンが使えるような大きな金額ではなく、あくまでも少額融資の枠の範囲内で現金を引き出すことが出来る仕組みになっているのが特徴です。カードを作成してから引き出すのではなく、予め審査によって枠を決めて、その範囲で引き出すことになりますので審査に通らなければカードそのものを作ってもらえないことに注意が必要です。
どちらのサービスを使ったとしてもキャッシングという分類で利用できるサービスであることに違いはありません。世の中にはカードとして提供されているものが非常に多いですが、貸金業者として提供しているカードローンのサービスは、例外なく少額融資としてしか提供することが出来ません。そのため、大きなお金をつかうことが出来る前提でカードを作成してくれるような業者があるのならば、その会社は貸金業ではなく銀行に分類されているということをしっかりと認識しておく必要があります。
オリックス銀行カードローン審査の傾向と対策【まとめ】はこちら